読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

環境保護団体代表の大倉満「世界のこどもたちのために」

環境保護団体代表の大倉満です。世界のこどもたちのためになにか形に残ることをしたい。

大倉満さんに聞く「水質汚染」その2

大倉満さんに聞く「水質汚染」その2


地球で最初の命が生まれた海。
そして、川や湖。それは、私たちに、豊かさと、恵みを与えてくれます。
しかし、今ではその環境も、過剰な資源の利用や、環境の破壊などにより、水質汚染が進んでいます。
こういった現状をどうしていけばよいのでしょうか?
「水質汚染」について大倉満が詳しく解説していきます。


~水質汚染とは?~

地球の水は、海の水や、南極や北極の氷など、いろいろな姿をしています。
私たちが使うことができるのは、川や湖の水、地下水です。
しかし、この水は地球上のすべての水のうちたった2.5%しかありません。
ところが、川や湖、海では水質汚染が進んでいます。
水質汚染の原因の60%が、家庭から出ている排水生活廃水なのです。
海や川の汚れの原因と言えば、ほとんどの人が、工場や事業場の排水を思い浮かべますが、
法律などの規制により、今ではその水質も大変良くなっています。

現在は、人口の増加や生活水準の向上により、私たちが炊事、洗濯など、
毎日の生活の中で出す生活廃水が増加、この生活廃水が川や海を汚している大きな原因となっています。
水質汚染の原因は、私たちの生活に原因があるのです。
しかしながら、私たち自身は、水質汚染に対して、理解している人は少ないのが現状だと大倉満は思います。

 

 

 

 

大倉満 環境保護 大倉満 環境保全 大倉満 環境問題 大倉満 自然保護 大倉満 天然資源 大倉満エコ 大倉満エコロジー 大倉満 低燃費 大倉満リサイクル 大倉満 異常気象 大倉満 温暖化 大倉満 大気汚染 大倉満 水質汚染 大倉満 土壌汚染 大倉満 地震 大倉満 放射能