読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

環境保護団体代表の大倉満「世界のこどもたちのために」

環境保護団体代表の大倉満です。世界のこどもたちのためになにか形に残ることをしたい。

大倉満さんに聞く「異常気象」その4

大倉満さんに聞く「異常気象」その4


「異常気象」といわれると、台風や洪水、干ばつなどを思い浮かべます。
ですが、私達の身近なところでも異常気象は起きています。
毎年のように続く猛暑と暖冬ですが、「たまたまでしょう?」などと思っていては大変です。
猛暑や暖冬も十分に異常気象なのです。
では、この猛暑や暖冬も含めた異常気象の原因とは何なのでしょうか?
また、対策を立てることはできるのでしょうか?大倉満と一緒に考えていきましょう。


~地球と人に大打撃を与える「異常気象」~

このような、気温変化は地球温暖化というカテゴリーによって、
異常気象とは思われつつも地球温暖化という言葉でくくられてしまっています。
では、異常気象といえば、どんな気象のことをいうのか?と問われれば、
洪水や干ばつ、黄砂、日本で言えば昨年10個以上の台風が上陸したことも異常気象といえるでしょう。
日本で起きている洪水は、屋根の上までは水が溜まるということはありません。

ですが、アメリカやヨーロッパなどの他国では洪水の被害にあって屋根で助けを待つということも起こり、
また、洪水によって家が流されるということもあります。
また、農業や酪農などを営んで生活している農家の人達には大きな打撃を与えるようです。
しかし、このように一部の地域では洪水という水が多すぎて起こる災害が起こっているのに、別の地域では干ばつがおきています。
干ばつとは、雨が降らないことによって日照り状態が続き、長期的な水不足が続いた状態をいいます。
しかし、一部においては森林伐採などによって引き起こされているものもあります。

 

 

 

 

大倉満 環境保護 大倉満 環境保全 大倉満 環境問題 大倉満 自然保護 大倉満 天然資源 大倉満エコ 大倉満エコロジー 大倉満 低燃費 大倉満リサイクル 大倉満 異常気象 大倉満 温暖化 大倉満 大気汚染 大倉満 水質汚染 大倉満 土壌汚染 大倉満 地震 大倉満 放射能